酸洗いの効果と方法

なぜ酸洗いが必要なのか

酸洗いとは金属製品の表面を、薬剤できれいに洗浄する処理のことです。金属を加工する際には事前に熱処理が行われることが多いのですが、この時に金属の表面にはスケールと呼ばれる酸化被膜が発生することがあります。また前回の作業から長期間が経過した金属の場合には、表面に錆が生じることがあるようです。金属製品にメッキや塗装などの処理をして仕上げるためには、表面に発生したこれらの不純物を除去することが必要になります。そのための作業が酸洗いであり、酸性の液体の中に金属製品を漬け込むことで処理が行われます。スケールやサビは金属の表面に強固に付着しているため、酸洗いの際には塩酸や硫酸などの強酸性の液体が使用されます。

酸洗いが必要な場合には専門の業者に依頼しましょう!

実際の作業の工程としては、まずは表面に付着した脂の成分を除去する脱脂洗浄が行われます。その後水洗いを行ってから、強酸性の液体に金属を漬け込む作業が行われるのです。その後は水洗いやアルカリ性の薬品で中和する洗浄作業が何度か行われ、最後にしっかりと乾燥させて作業終了となります。酸洗いを行った金属製品は不安定で腐食しやすい状態となるため、次の工程までに時間がある場合にはさらに防錆処理が行われます。酸洗いは金属製品を美しく仕上げるために不可欠な処理ですが、塩酸や硫酸などといった危険性の高い薬品を取り扱うことが必要であり、作業には様々な危険が伴なうことになります。酸洗いの工程が必要な場合には、専門の設備を有する経験豊富な業者に依頼をしてください。

剥離剤は塗膜表面に付着すると、広がった後内部に浸透していきます。それによって塗膜と素地の間の付着力が破壊され、塗装剥離が起きます