酸洗いに必要な薬品

酸洗いはどのような目的でおこなわれるか

酸を使って金属を洗浄する作業のことを「酸洗い(酸洗処理)」といいます。これは金属の表面を加工する場合に欠かせない工程です。金属の熱処理や溶接、ロウ付けなどにより、スケール(カルシウムやマグネシウムの堆積物)や焼け、酸化皮膜、不動態皮膜、サビなどが生じます。それらを酸で除去するのです。酸洗いをしてスケールを除去することで、素材を綺麗にしたり、のちの研磨作業の手間を省いたりすることができます。チタンの研磨をするときも欠かせません。チタン表面の酸化皮膜層をある程度取ってからでないと、研磨しても光沢が全くでてこないからです。また、酸洗いをすると酸化による腐食を防ぐことができるので、金属の溶接箇所(腐食しやすい)を守る目的でもおこなわれます。

酸洗いに使用される薬剤と適した金属

酸洗いには塩酸や硫酸、フッ酸、硝酸などの薬剤が使われ、鉄やステンレス、チタン、アルミニウムなどの金属が適します。鉄などでは多くの場合、硫酸や塩酸を単独で薄めて使います。ステンレスの場合は、鏡面化を防ぐ目的で、塩酸、硫酸、フッ酸を混ぜ合わせて使うのが一般的です。酸の種類や混合比は、扱う金属の種類ごとにそれぞれ違い、それらを正しく選択・設定しないと酸洗いの有効性は発揮されません。そればかりか、表面の金属が上手く溶けずガタガタになる、製品そのものが溶けてしまう、といったことも起こりえます。酸洗いは経験や知識、技術が必要な作業であって、誰にでもできるものではありません。さらに、扱うのは危険な液体(薬剤)です。さまざまな事故を防ぐために、安全や環境に配慮することが必要です。

リン酸処理は金属の加工技術の一つで、住宅の出窓に使う窓枠などに用いられます。鉄製品にリン酸を塗布すると迷彩柄の様な濃淡が表れ、自然に馴染む質感に変わります。メッキの下地になるのも特徴です。