エッチングと酸洗いは違うの?

酸洗いはメッキには必ず必要

金属やセラミックにメッキを付ける場合に、前処理として酸洗いを実施します。主な役割は金属表面についている酸化被膜を酸で取り除いてメッキが付きやすくすることです。金属溶接を行う場合も、事前に酸洗いを行います。セラミックや他の素材にメッキをする場合は、やはり酸を使って表面を若干溶かして粗くすることにより、メッキが付きやすくします。使用する酸は硫酸や塩酸、フッ酸、硝酸などですが金属を溶かしすぎないように、薄めた薬品を使用します。薬品の濃度や浸漬する時間は、素材によって細かく条件出しを行って決められます。酸洗いには、様々な方法があり、化学研磨やエッチングと呼ばれる方法もあります。それらをまとめて酸を使用して行う処理の事を「酸洗い」と呼んでいます。

酸洗いとエッチングの違い

大まかにいうとエッチングは酸洗いの一種です。イメージとすると酸洗いは金属表面の酸化被膜を洗い流すことで、エッチングは表面を溶かすイメージです。エッチングは表面を酸で溶かして粗くし、メッキが付きやすいようにします。さらにエッチングは、必要な部分はマスキングして残し不要な部分を酸で溶かしてしまうことで、電子回路のパターン形成にも利用されます。これは金属の加工にも使われ、金属に正確な寸法の穴を空けたい場合などにも応用されます。不要な部分だけ溶かしてしまうので、ドリルなどの加工機で行うよりも正確な寸法がでますし、微細な加工には非常に適しています。どちらも強力な酸を使用するので、行政から許可を得た施設が必要となります。

酸洗とは金属の焼けやさびを酸を使って洗い落とす方法です。金属にメッキを塗装する前に行う大切な作業です。