酸洗いの施設・設備は行政への届け出と許可が必要

酸洗いを行う目的と安全管理の重要性

酸洗いは金属製品を強酸性の薬剤で洗浄する作業です。金属製品は成形時に金型から綺麗に取り出すための剥離剤が塗布されています。剥離剤をそのままにしておくと、やがてサビや変色などの不具合を引き起こすので酸洗いによる除去が不可欠です。また、過酷な環境で長く使われている金属製品は油脂や薬剤などの特殊な汚れが付着しやすいことから、状態の劣化を防ぐ意味で酸洗いが必要になります。酸洗いに使う薬剤は塩酸や硫酸など強酸性の物質が主成分なので、取り扱いには細心の注意を払うことが大切です。金属製品の汚れに反応して有害な蒸気を出す他、洗浄で生じた汚水にも人体に悪影響をもたらす成分が含まれていることから、酸洗いの作業は換気を十分に行い、薬剤が肌に触れないように防護服を身に着けるなどの対処が必要です。

酸洗いを勝手に行ってはいけない理由

酸洗いを行うためには行政に届け出を出し、許可を貰う必要があります。これは使用する薬剤が人体に有害である他、環境への悪影響も大きいためです。特に酸洗いを行った後に残る汚水は強酸性の薬剤の他に汚れを形成していた油脂や薬剤の成分も混在しています。そのまま廃棄すると重大な環境破壊に繋がることから、指定の方法による汚水処理で無毒化するのが必須条件です。薬剤の保管量や発生した汚水量、汚水処理の方法などを細かく提示出来る状況を整えることでようやく、酸洗いの許可が貰えるのが普通です。わずかな手抜きであっても作業員の健康被害や地域の環境破壊の原因になることから、決まった手順での作業や処理を厳守出来ることも酸洗いを行うための条件になります。